credoDC

credo DC

■初めに

credo DCの説明文をかくにあたり、最初は普通にカッコイイ文章にしようと他社様のサイトを参考に書いていましたが、自分の絶望的なボキャブラリーと文章力の低さから諦めました。
なもんで普段通りの話し言葉で説明しようと思います。
お見苦しい点があるかと思いますが、お手すき際にお読み頂けましたら幸いです。


■開発の切っ掛け
■credoDCの特徴
■形状によるデメリット
■ディティール
■カラーチャート
■総括
■お手伝いして頂いた皆様のご意見など

■開発の切っ掛け

数年前、札幌の釣具量販店に支笏湖で使えるウェイトのダイヤカットのスプーンを買いに行ったが無かった
数か所店舗を回ったがいずれもない

他社の作る(のち廃業)ダイヤカットのスプーンで良い思いをしていた

当時ワカサギの多かった湖でのこと
目の前のワカサギの群れに様々なルアーを通してみると、寄ってくるワカサギが量がダイヤカットが圧倒的であった
ダイヤカットの魚を寄せる力を確信

自分の物作りの動機の多くは『無いものは作る』

■余談

エンドウクラフトの認知度が北海道において高まる切っ掛けになった『サモメタ』
当時は鉛合金を素材とした鋳物のサーモン専用のルアーは存在していなかった。
スプーンよりも飛距離が稼げアクションもスプーンでは表現出来ない物を作りたかった。


何にも特化していない普通に使える普通のメタルジグ『ダント』においても、その当時の市場(北海道だけか?)は専門性が高く、まずは、そのルアーをちゃんと理解していないと釣りづらいルアーが多いように感じられたので『ダント』をリリースした。


『メタルリップレス』においては、ダースで買うほど気に入っていた他メーカーのS字形上のメタルジグが廃盤になり(数年後復活したが)作らざるを得なくなった。

■特徴


〇多面体で構成されるダイヤカットは他には無い光の反射から魚を寄せる効果があります

〇裏面にカップが無くフラットな形状(カーブはついています)は、キャスティング時に負圧がかからなく安定した飛距離がでます。

テーパの説明

〇アイ部分が薄く中心が厚いテーパーはマスの中心化の原理で飛行姿勢も安定し、圧倒的なキャスタビリティーを約束します。

またドリフトでのアクションが破綻せず浮きづらい形状となっております。

■形状によるデメリット

超デッドスローでは泳がない
〇カップが無いゆえ水をかまない

フォールスピードが速い
〇昨今流行りのスライド系のような釣り方は出来ないと思われる

〇下の画像にあるようにダイヤの突起部分の塗装がはがれやすい

■ディティール

●weight 5g length 38㎜ Thickness 1mm~3㎜
●weight 10g length 47㎜ Thickness 1mm~4㎜
●weight 15g length 53㎜ Thickness 1.5mm~5㎜
●weight 20g length 58㎜ Thickness 2mm~5.5㎜
※塗料の分だけ、ややウェイトが増えます。

■カラーチャート

レッドゴールド表面

レッドゴールド裏面

グリーンゴールド表面

グリーンゴールド表面

チャートグリーン表面

チャートグリーン裏面

チャートヘッドピンク表面

チャートヘッドピンク裏面

UGI表面

UGI裏面

オセロ表面

オセロ裏面

シルバー表面

シルバー裏面

ブラックBR表面

ブラックBR裏面

ライトブラウン表面

ライトブラウン裏面

ケイムラマスタード表面

ケイムラマスタード裏面

■総括

自分の思いとしては『湖で遠くまで飛ばし巻きで釣りたい』『河川でドリフト(スウィング)で釣りたい』と、いたって個人的な好みからこのスプーンを作りました。
金属系のルアーは操作する楽しみがあります。釣り人が考える余白があるというか、扱う楽しさを強く感じます。
大事なのは『釣れた』ではなく『釣った』
けしてオールマイティーなスプーンではないと思います。
得意な状況、苦手な状況 当たり前だけどあります。

また自分が感じる苦手な状況は別の方は得意と感じていたりもします。
ようは釣りは自由で未知の世界
答えはないって事でしょうか?

だから釣りはやめられないです


■お手伝いして頂いた皆様のご意見など

credo DC 発売にあたりフィールドスタッフさん以外にもモニターさんとして数名に使って頂きました。
以下、credoDCを使っての印象を一部ですがご紹介いたします。


ニセコルアーズ 藤さまより


サイズ小さいですが、このカラーで出ました!
黒のスプーンでも、瀬の中で3匹かけましたがバーブレスフックだったために、全てジャンプ一発でフックアウトしてしまいました(crossed-out eyes)
感想ですが、
使い勝手が凄く良いスプーンです!まずキャストフィールが物凄く良くて、特に5gの方は抜群の飛距離が出ますし、低弾道でピン撃ちもし易くとても気持ちが良いです。
アクションは派手過ぎないので、早くて押しの強い瀬の中でもダウンでかけても弾かれずにしっかりフッキングする事が出来て良いです。
気になる点としましたら、ダイヤカットのため、底に当てながら巻くと、ダイヤカットの尖った部分だけ塗装が剥げてきてしまう事です。ただ、剥げた部分がフラッシィングするので、これはこれで面白くなる様な気がします。その点も楽しみながら使っていきたいと思わせてくれるスプーンでした。
以上、今のところのインプレですが、10gの方も本流の流れが強いところでもっとテストしていきますので、また改めて感想をお伝え出来ればと思います。
自分の中では、止水や極端に弱い流れでは、BUXのスプーンやライトニングウォブラーを使って、流れがあれば、エンドウクラフトさんのスプーンを使いたいなと思いました。


札幌在住若手アングラーより


リフトアンドフォールできました!! まわり釣れてないようですよ~(洞爺湖より)


道東方面釣り仲間より


サイズは出ませんでしたが好反応でした
飛距離はマズマズ
スローの泳ぎは良し
フォールはかなり良し
アクションの反応かなり良し
フォールが良さげだったのでリフト&フォールで何本か掛けました。
白黒強し!!
以上、今日の使用感でした。

川なら間違いなく強そうです


スタッフのパパさんより


3投目できたよー♪ 塗装剥げやすいわ~ww 普通につれるよ!(洞爺湖より)


ニセコルアーズ 藤さまより



先日は、credo DC 5gで早朝の本流の瀬の中をダウンでのテストで釣果が出ましたが、今日は夕まずめの本流でテストしてきました。
ライズはあるものの、credo DC 10gでダウンでは反応してこなかったので、流れてくるエサを追ってまでは食っていないのかなと思い、5gにして沈ませ過ぎない様にアップの釣りに切り替えて、岩盤のスリットの間を狙って一発で反応してくれました。
カラーは、赤コパー。有名なポイントの日曜日の夕まずめのタイミングだったのでプレッシャーはかかっていたので、フラッシィングが派手過ぎないコパーがナチュラルに反応させれたかなと思いました。
ダウンでとても使いやすいスプーンですが、アップでも肉厚とダイヤカットの影響か、巻き抵抗もあり尻振りは弱いもののヒラヒラとロールしてくれるので、アップでも十分に食わせる事が出来るスプーンだと確信出来ました。
流れの強い所のアップだと、普段使っている他のスプーンだと流れに乗り過ぎて、早く流れてしまう気がしていたので、credo DC の方が操作性が良いと思いました。
ハイプレッシャーの中での釣果でしたので、credo DCに感謝です。


TMさまより


お疲れ様です
昨日初でルアー使ってきました
小ニジですが人叩いたばかりのポイントで出たのは大きいですね!
率直にですが使いやすかったです
ボトム叩く動き
スイングの動きも??
釣れた魚は流れのある大淵をライズしていたのをコパー赤5グラムでスイングで釣れました
その他アップでバイトありましたが乗せられず…
ルアーの振り幅もあり巻き感あるので魚引っ張りますね??
あまり良い写真なくスミマセン??鉄板で使いたくなりました


KMTさまより


ナチュラルドリフトからリフトで来ました!
水生昆虫のイメージです。
操作性の良いスプーンですね!

ニセコルアーズ 藤さまより

雨で増水したので、credo DC 10gのテストをしてきました!

大きいサイズではありませんでしたが良い形で出ました。

チャートの10gでショートバイトがあったので、警戒心を弱める為に、黒赤に変えたら一発でしっかり食いました!

さすが、ダウンクロス設計だけあって、ダウンクロスでの使い易さは素晴らしいです。流れに乗っても過度に大振りなアクションをしないので、しっかりフッキングしてくれます。

使い易いの一言です!
ありがとうございました!

次こそビックワン‥

OZWさまより


昨日はチャートが反応良かったですね!
タダ巻き、アクションつけてもどちらも良かったです。
ワイドに大きく動くよりこちらのほうが好みですね!
ミノーより反応いい時間帯もありました。

inuさまより


いわなホイホイww

フィールドスタッフYMさまより


ダント30と変わらないくらい飛びますよ!

sotさまより


然別湖ミヤベイワナ
毎年恒例になりつつある然別湖🐟
今年もあの美しい魚に会うために竿を出しに行きました👍
今回はエンドウクラフト新作スプーンを使わせてもらいました。
開始から15gグリーンベースのカラーによく反応してくれて、バラしてしまいましが40オーバーのミヤベもヒット👏
ダイヤカットによる誘いは然別湖の魚にも合っていたようです😌

■開発の切っ掛け
■credoDCの特徴
■形状によるデメリット
■ディティール
■カラーチャート
■総括
■お手伝いして頂いた皆様のご意見など